僕の愛する「吉野家」が唐揚げを始めたので食べてみた。~吉野家について考える~

吉野家が「唐揚げ」を始めた。

店舗限定だそうだ。

僕が最近、「仕事がうまくいきますように!」と神頼みしている

「渋川神社」の裏に「吉野家」があるのだ。

吉野家が唐揚げを始めた。

ということは

吉野家は「早さ」の優先順位を下げているということだ。

揚げ物には時間がかかる。

僕が今回オーダーしたのは

「牛肉」も「唐揚げ」も同時に楽しめる。

「から牛」590円税込みだ。

「牛丼」380円税込みより

210円高い!

後から他の注文を頼んだお客様のほうが料理は早く出ていました。

致し方ない。

お店からも「唐揚げ」は少々お時間いただきますの説明がありました。

待つこと5分。

「から牛」が登場しました。

できたての「唐揚げ」が3個。

牛肉が一部のっており、キャベツものっている。

塩コショウとマヨネーズも提供される。

まず唐揚げから食す。

「熱い!旨い!ジューシー」

それほど衣がつかずあっさりしている

ほんとの揚げたてだ。

吉野家はどんな商品でも

「旨い!」にこだわる素晴らしいチェーンだ。

今でも「牛丼」は早い。

「旨い」「早い」を求めるなら牛丼だ。

前に吉野家の社長のインタビュー記事を読んだ。

「我々は早さを捨てた」とあった。

人々は昔ほど早さを求めなくなった。

「スマホ」があるから待ち時間で「暇つぶし」できる。

せっかく料理を提供できる場であるのだから、

「居心地の良さ」「接客」「旨い」にこだわると。

「旨い」は素晴らしい!

唐揚げが3個と牛肉食べて大満足。

これなら590円でもよい!

吉野家公式ウェブサイト
株式会社吉野家の公式ウェブサイトです。牛丼をはじめとしたバラエティー豊かな吉野家メニューや店舗情報、アルバイト募集情報などを掲載。

コメント