僕のカラダにはインクが流れている!創業100年近くになる岐阜県大垣市の川崎文具店・店主・川崎紘嗣さん

2019年8月19日(月)
岐阜県大垣市に行きました。
名古屋から電車で30分。
大垣駅に着きました。
そこから歩いて3分ほどで
川崎文具店に着きました。

9月30日(月)の朝活ネットワーク名古屋で
川崎文具店・店主の川崎 紘嗣さんにお話をしていただきます。
その打ち合わせのために初めて大垣市にやってきました。

聞けば川崎文具店は創業が100年近くになります。
店主の川崎さんは五代目です。

この川崎文具店は
全国からお客さんが集まるお店。
外から見た感じは普通の文具店ですが

少しレトロな感じはしますが
特に大きな特徴はありません。

ただこのお店。
店主の川崎さんの情熱がハンパないのです。
万年筆とインクに対する情熱と愛がスゴイのです。
1時間30分ほど店内にいましたが
万年筆とインクの話をたくさん聴きました。
とても楽しかったです。
それは川崎さんの説明が上手なこともありますが
万年筆とインクを心から愛している思いが伝わってくるからです。

同じ万年筆やインクを買うのであれば
川崎さんから買いたいと思わせる
思いの強さがあります。

聞けばインクもご自身で調合され、作られているものがたくさんあります。
オリジナルの「大柿インク」というものもありました。
柿の色、オレンジ色に近い色だそうです。
その他たくさんのインクの数々

昔は大垣は「大柿」と表記したそうです。
名付けたのは「徳川家康」
ここで食べた柿がおいしくて
この地を大柿と名付けるがよいと言ったとのこと。

万年筆は書き心地が良いです。
さらさらと流れるように書くことができます。
何とも言えない味があります。

職人が作っている
高級万年筆も置いてあります。
10万円まで
万年筆は書き味が値段に比例して良くなるそうです。

それはペン先にお金をかけているから・・・
10万円以上になるとボディにお金をかけるようになり
そういった意味では

この万年筆。
おススメです!
書き味も素晴らしく。
マッカーサーも使っていたし、エジソンも使っていた万年筆です。

川崎文具店では
試し書きができます。
十分に試して書いてもらってから
買っていただきたい!
と川崎さんは言います。
商品の良さを分かってほしい。
その思いが伝わります。

文房具屋の五代目として生まれ
万年筆とインクが大好きで
10年前にお店を万年筆とインクに力を入れたお店にしたそうです。

普通の文具店より
特徴があっていいです。

日本で一番のインクの品ぞろえです。


しかもご自身でインクを調合し
オリジナルのインクもたくさん揃えています。

お店のこの品ぞろえとオリジナルのインクを見る限り
店主の情熱が伝わるお店です。

僕のカラダにはインクが流れていますから!
と言う川崎さん。

それも納得してしまいます。

文具店を継ぐ前は
トヨタの販売店で営業の仕事をされていた川崎さんは
プロとして商品の良さを納得していただきたい。
理解していただきたいという思いが強いです。
だからこそ、試し書きをして商品の良さを理解してから買ってほしい。

9月30日(月)の朝活ネットワーク名古屋では
店主の川崎 紘嗣さんに
「万年筆とインクの魅力」をお話しいただきます!
とても楽しいお話になると思います。


コメント