自分の「本能」に正直になろう!モヤモヤしたらNO!ワクワクしたらGO!

2021年2月21日(月)7時~
第433回朝活ネットワーク名古屋 は
【テーマ】ブランドの種は誰にでもある。
~これからの時代は”好き”を仕事にできる~
【進行役】久米 由浩 さん

本日は朝活会場でもあるコワーキングスペース・プロコワのオーナーで
映像プロデューサーである久米由浩さんに発表していただきました。

久米さんは広告業界でコマーシャルの制作をプロデューサーの立場で
されていました。
会社組織、コマーシャル制作の仕事の現場は
クリエイターの個性が発揮しにくく
変わり者ははじかれる。
努力しても報われないことも多く
頑張らないといけない。

ピラミッド型の組織の限界を感じていました。

時代は今変わりつつあり
インターネットが進化し
マスの広告が通用しにくくなり
「個の時代」
「情報の多様化」が進んでいます。

みんな違ってみんなイイ!

人には個性がある。

それぞれの才能とは
それは
久米さんによると
「本能」に基づいたものが行動のこと。


人は本能を起点にすべての行動をしている。

久米さんがオーナーをつとめる
コワーキングスペース「プロコワ」も会員を例にすると
私、宮﨑 裕己彦のキーワードは
朝活
物販         
居酒屋

これはお得を知りたいという「本能」
お得情報ナビゲーターとして
ブランディングするのがイイ!

今まで朝活をやっている自分と
物販をやっている自分が結びつかないところがありました。

朝活はお得な情報、名古屋の面白い人を読んでお話してもらう
このリアルなお得情報。


物販は中国から価値のある
これはお得だ!という
「お値打ちな商品」を仕入れ販売しています。

私生活では
お値打ちな居酒屋を探したり
スーパーでお値打ちな食材を探すのが大好きです。

これは努力してやっているのではなく
好きでやっています!


これは私の「本能」です。

自分が面白いと思う人や
信頼ある知人から紹介をいただいてお話してもらう
朝活の情報も
とてもお値打ちで価値のある「お得な情報」です。

「お得情報」の提供は
私の本能に基づいているということが初めてわかりました!

これから
私、宮﨑裕己彦は
GREAT VALUE INFOMATION GUIDE
グレイト バリュー インフォメーション ガイド
略して
GVIG
として名乗って活動しようと思います。

本日の朝活に参加していただいていた
プロコワ会員の
WEBディレクター のEtsuko Miwaさんのキーワードは
WEB
瞑想
ファッション
エシカル

この一見つながりがなく見える三輪さんのキーワード
その本能は
久米さん曰く
「整えたい」
というもの。


とっちらかっている情報をまとめる人
三輪さんらしく素敵に整える。

ありのままが一番素敵なのに!
という思いで
「その人らしさ」をスタイリングしたい。という本能。


プロコワ会員で朝活を手伝っていただいている
中島 正博 さんのキーワードは
マーケティング
朝活
哲学

その本能は「本質」を知りたい!

マーケティングに迷っている人に
その本質を教えたり、
お客様のニーズを教えるといことができる。


久米さんは小さいころから
いじめられっ子と仲が良かったり
色んな人の生まれたその才能に興味がとてもあります。

「プロコワ」というコワーキングスペースを作ったのも

名古屋 名駅のコワーキングスペース|プロコワ
コワーキングスペース・クリエイティブプラットホームのプロコワ。名古屋駅徒歩7分、国際センター駅徒歩1分。

さまざまなクリエイターさんや個性あふれる人が集い
働く場所をつくりたかったから。

久米さんの言う
本能に基づくブランディングは
自分軸のブランディングです。


気づいたらやっていること。
やめろと言われてもやってしまうもの
それができなかったとき苦しいもの

モヤモヤの中にヒントがある。

「本能」に基づき、「行動」していたら
「情熱」の炎はますます燃える!


自分が発信したいことを発信し
行動すれば、
価値観を共有する仲間が集まる!

そして
ファンが増えれば
「自分のマーケット」を作ることができる!


そのためには
まず「与えること」が大切。
先にギブして
色んな人に喜んでもらい
ファンを増やしていく。


そうして
本能に基づいた行動により
「自立」する。

久米さんのブランディングのお話。
いろいろ刺さる部分が多かったです。

とても興味深い発表をありがとうございます!!

久米さんの
「才能ブランディング」
今のところは実験で
知り合いやご紹介であれば5000円(一般は別)くらいでやります。
ということなので
もし希望者がいましたら
私、
宮﨑 裕己彦
に連絡いただければと思います。




コメント